お知らせ

こども食育イベント~鶏肉屋さんの仕事をのぞいてみよう!オンラインで開催いたしました!


2020/06/30

食育

皆さん、こんにちは!

先日の6月28日の日曜日、朝10時から

こども食育イベント~鶏肉屋さんの仕事をのぞいてみよう!をオンラインで開催いたしました。

 

 

2回目の開催となる今回のこども食育イベントでは

和歌山県の鶏肉屋さんチキンナカタの中田さんにゲスト出演して頂きました!

 

今回のイベントでは参加してくれた子供たちに

鶏肉の生産の背景や、鶏肉のそれぞれの部位について知ってもらい

 

普段当たり前のように食べている鶏肉について深く知り、

その有難さを感じてもらえるような時間を作りました。

 

 

まずは「普段食べている唐揚げは鶏のどの部分のお肉を使っているでしょう?」

というクイズから始まりました。

 

そして

「鶏には部位はいくつあるのか?」という事を予想してもらって、

一つ一つの部位が鶏のどの部分なのかを紹介をしたり

 

ムネ肉とモモ肉を見比べるなど、

普段は意識していないような視点で鶏肉を見てもらいました。

 

 

当日のクイズのワークシート。

 

 

 

実際に切り分けられたお肉と丸鶏を見比べてもらいそれぞれの部位の説明をしました。

 

 

 

そうやって鶏肉の話をしていくと、子供たちもどんどん気になる事が出てきます。

 

「鶏は普段どんなものを食べているんですか?」

 

「鶏はどうやってお肉になるんですか?」

 

「どうして卵を産む鶏と産まない鶏があるんですか?」

 

などなど

 

 

たくさんの質問がでてきて

子どもたちの好奇心は本当に凄いなぁと感じました。

 

普段は何気なく食卓にある鶏肉ですが、

どうやってその鶏肉が食卓に届けられているのか

そんな背景を知るだけで、食べ物に対して

様々なイメージが膨らみはじめます。

 

そして今回たくさん質問が出てきたように

 

自分が今食べている物が

どこからきたのか

どうやって作られているのか

どんな人が作っているのか

 

と、どんどん興味がわいてきて、

 

“子供たちの世界は広がっていきます。”

 

 

今回のこども食育イベントでは、

鶏肉がただの切り身のお肉ではなく元々は1匹の鶏であり、

それが切り分けられお肉となったものを普段食べていてる。

 

“命を頂いているんだ”ということを子供たちに目で視て

感じてもらえたのではないかと思います。

 

そうやって子供たちは食べ物と普段とは違う形で出会い、

世界を広げる事で感謝も生まれてくるんだろうなぁと思いました。

 

 

今後も松南志塾では、生産者と消費者、食べる人と作る人、

そして食べ物との新しい出会いを作る活動をしていきます。

ぜひご興味ある方はご参加ください。

 

 

次回は7/26(日)に開催します。

松南志塾・鎌倉 こども食育イベント☆オンライン開催☆~米農家さんの仕事をのぞいてみよう‼~

お申し込みはこちらまで。

では、また次回お会いしましょう!

 

 

お問合せ

研修、インターンシップ、視察など、 ご相談はお気軽にお問合せください。

0725-24-7071

info@risshi50.jp

一般社団法人 松南志塾    〒595-0071 大阪府泉大津市助松町3-11-20   E-mail:info@risshi50.jp