お知らせ

役員交代と活動拠点増設のご報告


2020/03/19

ニュース

松南志塾の活動にご参加頂いている皆様へ
松南志塾の活動を応援して下さっている皆様へ

  

2010年夏、「南出インターン」としてのスタートから10年。
【まちづくり×人財育成】活動を継続するために2016年に法人化してから4年。

この度、新しい体制をスタートさせることを決めました。

  

下記のとおり新役員が選任され、それぞれ就任しましたことをご報告致します。

  代表理事    岩田 千栄美
  副代表理事    豊嶋 純平 (松南志塾インターン7期生)
  理事      吉田 恵太 (松南志塾インターン7期生)
  理事      奈良 珠季
  監事      吉廣 隆央

  

これまで幾度となく、
私たちの想いや活動の意義、存続させるために必要なものについて
話し合いを重ねた結果、ようやく辿り着いた1つの結論です。

 

そしてこれもまた、1つの通過点に過ぎません。
これからも「一燈照隅万燈照国」を目指して、
1人ひとりの自己研鑽と、メンバー同士での切磋琢磨を続けます。

   

南出賢一は代表理事を退きますが、松南志塾の活動はライフワークであり
創立時の想いが変わることはありません。
新体制もその意志を受け継ぎ、変わらぬ理念の下、活動していきます。

  


  

また、役員交代と合わせて、活動拠点の増設についてもご報告致します。

   

新任理事の奈良珠季を中心に、松南志塾が泉大津で実施してきた活動を
神奈川県鎌倉市でもスタートさせることになりました。

  

なぜ鎌倉で・・・?  と驚かれるかもしれません。

  

実は、鎌倉市の松尾市長と南出賢一・泉大津市長は
林英臣政経塾において、古くから切磋琢磨を続けてきた間柄です。

   

それ故、まちづくりを通じた人財育成活動を10年にわたって継続してきた
松南志塾の実績に松尾市長が深く共鳴され、
「ぜひ鎌倉でも人が根づく活動を」とお話を頂いたのがきっかけでした。

2020年1月 松尾市長が泉大津にお越し下さいました。
(前列左から新任理事の奈良、松尾・鎌倉市長、南出・泉大津市長、岩田・新代表理事)

 

  

松南志塾インターンOBOGで東京近郊に住んでいるメンバーも多くいますので、
東は鎌倉、西は泉大津を中心に活動していきます。

鎌倉での活動は、まずはこども論語塾のスタートを予定しています。

(新しく理事になった3人が早速、鎌倉でミーティング)

   

今後のことについては私たち自身も手探りの中で進めている状態ですが、
地道に活動を続けていきますので、温かく見守って頂けると嬉しいです。

  


最後に、新体制の理事よりひと言。

    

——————————
代表理事 岩田 千栄美

————————————
法人化した2016年から副代表理事を務め、4年間、地域の皆さんや子供たちと沢山の時間をご一緒させてもらいました。
「一燈照隅万燈照国」の精神で、これからもまちづくりと人財育成の活動を頑張ります!


——————————
副代表理事 豊嶋 純平

————————————
インターンから6年。当時の「気づきと置き換えノート」を見返すと、生きていく上で大切なことを本当に数多く学ばせて頂いたなと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
まだまだ未熟ですが、少しずつ自分にできることから恩返ししていきます!


—————————–
理事 吉田 恵太

————————————
2013年の夏、学生時代に松南志塾と出会い、営業職として働く今でも当時の学びが生きています。
同世代や自分よりもっと下の世代のために、大切なことを伝えられるように活動していこうと思っています!


—————————–
理事 奈良 珠季

————————————
松南志塾の活動を通して、未来の日本を支える子どもたちが、豊な学びや経験を得られるように行動していきたいと思っています。まずは自らが、地域や組織を明るく照らしていけるように励んでいきます!


ファウンダー(創立者)メッセージ

———————————
南出賢一 泉大津市長

——————————–

激動の時代に活躍できる人財を育て、日本と世界の発展に貢献できる活動になることを目指して、松南志塾を始めて10年。これまで以上に多様な人財が集い、切磋琢磨してくれることを願っています。

お問合せ

研修、インターンシップ、視察など、 ご相談はお気軽にお問合せください。

0725-24-7071

info@risshi50.jp

一般社団法人 松南志塾    〒595-0071 大阪府泉大津市助松町3-11-20   E-mail:info@risshi50.jp